薬剤師の復帰を効率よく進める方法!



薬剤師としての職場復帰をお考えの方に!

 

薬剤師として復帰を考えておられる方の間から、次のような声をよく耳にします!

■以前、病院の調剤薬局に勤務していました。下の子供が幼稚園に入るので、そろそろ薬剤師として復帰を考えています。
■結婚前まで薬剤師として働いていた専業主婦です。夫の仕事の関係もあって、薬剤師として復帰を考えていますが、ブランクがあっても可能でしょうか?

 

大学の薬学部を卒業後、薬剤師をはじめとする薬学関係の仕事に就いてこられ、結婚や出産を機に退職。その後暫くの間育児等に専念されて来られたママに、少し時間的な余裕が出てきた(出てきそうな)ので、薬剤師として復帰を考えたいという方。

 

他にも、以前働いていた会社や職場に対する不満や不安から退職され、再度、薬剤師等の薬学関係のお仕事に復帰をお考えの方も多いことでしょう。

 

また、定年退職後に、薬剤師の資格を活かして復帰したいとお考えの方もいらっしゃることと思います。

 

 

薬剤師等のお仕事に復帰するために、既に再就職活動を進めておられる方も多いと思いますが、実際、

■仕事と家庭の両立は大丈夫だろうか?
■数年間のブランクがあるけど、薬剤師として復帰できるのだろうか?
■定年退職という年齢的なハンディがあるけど、働けるものなら働きたい。

 

というような不安や悩みを抱えながら、復帰のための活動を進めておられると思います。
そのような時、上記のような不安や悩みなどの相談に乗ってくれる、薬剤師の求人・転職に詳しい専門家のアドバイスやサポート等が受けられるとしたら、とても心強いと思いませんか?

 

 

 

一人での復帰活動には、活動時間や収集できる情報量にも限界があります。
しかも、下記の薬剤師の市場動向を見て頂いてもお分かりのように、薬剤師というお仕事は、今、大きな転換期を迎えています。
薬局以外にも、ドラッグストア、コンビニ、病院、製薬会社など、復帰できそうな職場は色々あります。
プライマリ・ケア認定薬剤師の資格を取得することで、今後の活躍の場が大きく広がる可能性だって出てきています。
また、勤務時間や年収、勤務地などにもこだわりをお持ちでしょう。

 

この様な悩みや相談事を、薬剤師の転職のサポートを専門とするキャリア・コンサルタントに相談すれば、通常は入手不可能な非公開情報等も含めて、薬剤師復帰への活動の視野が大きく広がるかもしれません。

 

 

また、ただでさえ育児等で薬剤師としての復帰活動に充分な時間を割けきれない現状に、いら立ち等を感じてはいませんか?

 

薬剤師の復帰先職場の見つけ方

復帰先、再就職先、あるいは転職先の見つけ方にも、色々な方法があります。
ご自身で見つけられる方、友人・知人の紹介、インターネットを活用するなど、いくつかの方法があります。
以下の表にまとめてみました。

 

復帰・転職の方法

長所

短所

自分で直接応募する 薬剤師としての転職先の薬局や病院、製薬会社等が決まっている場合は、時間のロスが少ないので、一番効率的と言えるでしょう。 当然、報酬・勤務条件等の交渉全てを、薬剤師の資格を持ったあなた自身で行なう必要があります。労力と手間がかかります。
ハローワークを利用する 公的機関経由の紹介なので、安心 活動のたびに、ハローワークまで出向く必要があり、手間がかかり面倒。
友人や知人からの紹介 詳しい求人情報が入手出来るので、活動もスムーズに進められる 転職先が限定される恐れがある。また、転職後にうまくいかなくなってしまった場合、辞め辛い。
ネット経由で、求人情報等のサイトを活用 薬剤師の求人を検索しやすい 実際の職場の情報は、分かりづらい

 

ネットを活用した薬剤師復帰先情報の見つけ方

この中で、最近特に多いのが、上表の一番下の項目である、「ネット経由で求人情報サイトを活用する」というもの!

 

ご自宅のパソコンやお手元のスマホなどから、いつでもどこからでも「求人情報サイト」に気軽にアクセスできることができるので、現在就業中の方にとっても、一番お手軽な求人情報収集法といえるでしょう。

 

 

実は、この「求人情報サイト」にも、いくつかのタイプがあります。

 

1.直接アクセス方式

ウェブサイト上に求人情報が掲載されており、求職者自らがその求人を行っている薬局や病院等に対して直接応募を行う方式です。

 

この形式のサイトを運営する会社は、求人情報を多数張り出した「掲示板」的なサイトを運営・管理しており、その「掲示板」に張り出された求人情報をみつけた求職者本人が直接応募するというものです。

 

求職者本人が直接応募できるため、進行が早いというメリットがありますが、それ以上のサービスはありません。

 

 

2.スカウト方式

会員登録を行う際に、勤務地、給与などの仕事に関する希望条件等も併せて登録しておきます。
それをみた薬局・ドラッグストア・病院等の求人施設が、一度コンタクトしてみたいと思う人に対して、「スカウト」のメールを送ります。

 

つまり、一度会員登録を行えば、あとはこの「スカウト」メールが求職者であるあなたのもとに届くのを待つだけで良いので、現在就業中の方にとっては大変有難いサービスです。

 

もちろん実際の採用に関しては、通常通り筆記試験や面接は実施されます。

 

 

3.コンサルタント方式

上記の「直接アクセス方式」や「スカウト方式」は、共に面接の日時の設定、希望する給与及び勤務時間等の交渉は、ご自身で行う必要があります。

 

薬剤師を希望される方の中には、「お金の話を自身で直接行うのは苦手」、「面接の際に自身の希望を素直に言えるかどうか?」といった方もおられると思います。

 

そこで、この「コンサルタント方式」を運営する会社の専任のコンサルタントが、薬局や病院等の求人側と求職者であるあなたの間に入って、色々な面での橋渡し役を行ってくれます。
面接の日時の設定や希望条件等の交渉を、あなたに代わって薬局・病院等の施設と行ってくれます。

 

このコンサルタントは、薬剤師としての転職をサポートする専門家であり、求職者の立場に立って色々とアドバイスやコーディネートをしてくれる、大変ありがたい存在と言えるでしょう。

 

特に、転職が初めての方にとっては、履歴書の書き方や面接の仕方など、不安要素が沢山あります。そんな時、このコンサルタントの方に相談すると、色々とアドバイスをもらうこともできます。

 

 

このサイトでおススメする薬剤師求人・復帰・転職をサポート方法が、上記「コンサルタント形式のサイト」です。

 

このサイトに登録を行って、専任のコンサルタントの方の支援を受ける「薬剤師求人・転職支援サービス」の活用をお勧めしています。

 

利用料は、なんと無料無料で利用できるから、活用しない手は無いですね!

 

無料で利用できる理由!
この「求人・転職支援サービス」経由でご自身の就業先が決まったあと一定期間就業されると、このサービス会社は、その就職先の企業や病院等から紹介料としての成功報酬を得るシステムとなっています。従って、復職される、あるいは転職される方に対する手数料や利用料等の費用は一切発生しません。

 

「薬剤師求人・転職支援サービス」のメリット・デメリット

この「薬剤師求人・転職支援サービス」をもう少し詳しく見ていきましょう。

 

 

 

長所

  • 専任のコンサルタントがつき、希望条件等を伝えるだけで薬剤師のあなたに代わって仕事を探してもらえる。
  • お住まいの地域の非公開の求人情報も入手できるので、活動に幅が出てくる。
  • 転職のノウハウ、例えば履歴書の書き方、面接の仕方等のアドバイスももらえる。
  • 薬剤師のあなたに代わって、応募や面接の調整をしてもらえる。
  • 復帰先希望の薬局や病院の条件(例えば報酬など)、中々聞きづらいことも確認してもらえる。
  • しかも無料!

 

短所

  • 薬剤師のあなたと、専任コンサルタントとの相性がどうかが、事前にはわからない。

があげられます。

 

 

 

上記の求人・転職支援サービスの欠点である、専任のコンサルタントとの相性。
こればかりは、担当が決まって、あなたと実際にやり取りをやってみないとわかりません。

 

この短所を補うには、複数の「求人・転職支援サービス」を利用すると良いでしょう。

 

事前に複数のサービスに登録して、様子を見ましょう。複数利用しても、料金は無料です。

 

また、複数のサービスに登録することによって、求人に関する情報の入手幅が広がる可能性だってあります。
短所を長所に変えることができれば、よりスムーズな活動が期待できますね。

 

おススメの【薬剤師求人・支援サービス】

薬剤師求人をサポートする、おススメの【薬剤師求人・転職支援サービス】です。

 

下記3つのどのザービスとも、登録・ご利用はすべて無料です。
複数ご利用いただくことも可能です。しかも、すべて無料です。

 

 

ご注意:下記サイトへの登録は、薬剤師の資格保有者の方のみとさせて頂きます。

m3.com Pharmacist

■ソニーグループのm3は、【日本最大規模かつ医療従事者専用】の医療専門サイト。

 

m3.com Pharmacistは薬剤師専門で、案件も業界最大級(4万件以上の求人情報数を所有)!

 

病院・調剤薬局の求人に強く、復帰をお考えの方のご希望に幅広く対応可能です!

 

全国対応!そして、地域専任のキャリアコンサルタントが、大手から地域密着型薬局までを網羅しています!

 

■希望される条件(例えば、正社員、派遣、パート、定年後のお仕事探しなど)に合わせた求人も紹介してもらえます。

 

 

>> m3.com Pharmacistの公式サイトは、こちら! <<

 

 

リクナビ薬剤師

リクルートが運営する薬剤師求人・転職支援サービスサイト。

 

600万円以上の求人多数。総求人数35,000件以上

 

■リクルートグループでしか見つからない非公開求人情報も多数

 

■納得のいく転職・復帰を専任のキャリアアドバイザーが全面サポート

 

 

>> リクナビ薬剤師の公式サイトは、こちら! <<

 

 

ヤクステ (Yakuzaishi Station)

薬剤師業界専門のマーケティング&コンサルティングスタッフで、求職の方を全面サポート。

 

ヘッドハンティング創業の会社だから、「ヤクステにしかない案件」を多数保有。

 

専任のキャリアコンサルタントが、全力で復帰・転職を全力サポート。

 

■入職後も、安心の徹底サポート!

 

 

>> ヤクステ (Yakuzaishi Station)の公式サイト! <<

 

薬剤師の市場動向

1.医薬品のインターネット販売に関して

 

昨年の2013年、いろいろと取りだたされたOTC(Over The Counter)医薬品のインターネット販売。
そして昨年の12月5日、このOTC医薬品のインターネット販売に関する「薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律案」が成立しました。

 

厚生労働省は、当初、OTC医薬品のうち、第1、2医薬品は薬局などで対面販売をしなければならないとネット販売を規制。一方、最高裁判所は、「ネット販売の一律禁止は無効」と判決を下し、混乱が始まりましたが、結局のところ、薬剤師の関与を必須とするところで、落ち着いたようです。

 

つまり、
・ネット販売の許可は、薬剤師が常駐し、週30時間以上営業する店舗のみで可能。
・薬剤師による購入者の状態の確認と必要事項の伝達が義務づけられた。
ということになります。

 

こうしてほぼすべての一般薬について、インターネット販売が解禁(但し、要指導医薬品は、薬剤師による対面販売に限定)となり、人気のOTC医薬品については、ネット経由による購入者が増えているようで、今後この市場が広がるのは間違いなさそうです。
その一方で、今までOTC医薬品に関わることが少なかった薬剤師の方にとっては、これからこのOTC医薬品を取り扱う機会が増えていくことでしょう。

 

参考資料
厚生労働省の一般用医薬品のインターネットでの販売ルール(概要)
一般用医薬品の販売ルール等について

 

 

 

プライマリ・ケア薬剤師

「プライマリ・ケア」という言葉を聞くと、「かかりつけ医」を連想される方が多いと思いますが、これからの高齢化社会を見据えると、単に医師だけでなく、看護師、そして薬剤師の方も、「プライマリ・ケア」の担い手として期待されています。

 

「プライマリ・ケア」の先進国アメリカでは、地域住民に何らかの病気や不調の兆候が表れた場合、近隣のかかり付け病院のプライマリ・ケア医に相談及び診察・対処法を仰ぎ、必要に応じて専門医にかかるというシステムが確立されていますが、そのプライマリ・ケアのうち、服薬指導や調剤等の役割を担うのがプライマリ・ケア薬剤師です。

 

そして、このプライマリ・ケア薬剤師の活躍の場として期待されているのが、在宅医療。

 

ご存知のように、日本は高齢化社会が急速に進んでいます。つまり高齢者患者が増加することにより、在宅医療の需要が拡大することは間違いないでしょう。

 

また、2014年2月には、診療報酬の改定が行われ、「主治医」制度を新設するなど、在宅医療を促す内容となりました(詳細は、こちら)。

 

この様な背景から、薬剤師の方は、医師と共に患者宅を訪問し、服薬指導や調剤等を行う機会が、今後、益々増えていくものと思われます。

 

また、プライマリ・ケア薬剤師は、上記のような在宅におけるチーム医療の一員の役割を担うだけでなく、地域住民の健康管理、食事・運動に対する指導、医療や福祉に対する相談などのコーディネートも行います。

 

このようなプライマリ・ケア薬剤師として活躍したいと願う方に役立つのが、プライマリ・ケア認定薬剤師の資格。薬剤師の間でも取得したい資格として、今、脚光を浴びている資格のひとつです。

 

プライマリ・ケアの詳細、および「プライマリ・ケア認定薬剤師制度」については、「日本プライマリ・ケア連合学会」をご参照ください。

 

 

薬剤師の需要はまだまだ続くという理由

薬学部が「6年制」になり、2010年から2012年の2年間は新卒薬剤師がいなくなるという「空白の2年間」だったことは、既にご存知のことと思います。
そのあおりを受け、医療業界は、空前の「薬剤師ブーム」。つまり、薬剤師の売り手市場が続いているのです。

しかし、この薬剤師売り手市場は一過性のものという見方をする方もいれば、まだまだ暫くは薬剤師不足が続くという見方もあります。

 

市場を見てみると、次のような市場動向から、暫くは薬剤師不足が続くのではないかと言われています。
薬剤師が供給過剰気味と言えるのは、大都市圏のみ。地方では、まだまだ薬剤師不足。
ドラッグストアに調剤薬局を併設する店舗が急増している
調剤薬局併設型のコンビニが台頭してきている。他にも、このようなニュースがあります。
高齢化社会を迎え、在宅薬剤師の需要が増加する

 

 

この様に、薬剤師の市場は、今、大きな転換期を迎えています。そして、今後も薬剤師としての活躍の場は拡大していくものと思われます。

 

薬剤師として復帰を果たし、皆様が活躍されることをお祈りしています。